「マネジメント力不足」「定着率の低さ」にどう対応するか?旅館・ホテルが抱える人事問題の解決方法とは?

業界の賃金水準

下記は、「厚生労働省 平成25年賃金構造基本統計調査」をもとに、年齢ごとの賃金水準をデータ化したものです。点線は全産業、実線は建設業を表しており、建設業は全国、東京(最低賃金で最高値)、鳥取(最低賃金で最低値)を示しています。

特徴

1.建設業の賃金水準は、各年代いずれも全産業の賃金水準を上回る傾向がある

2.建設業の賃金カーブは、全産業の賃金カーブと同様の傾向がみられ、20代前半から50代前半まで上昇する

3.東京都の建設業の賃金水準は全産業と比べて全体的に高く、ピーク時には1.5倍程度になる

人事制度の方針に活用

他業種と比べて高い賃金水準

 優秀な人材を適切に処遇できる賃金制度

 専門性に特化し高度な技術を持つ社員の処遇

 職務の特性に合わせた適正な評価制度

総合工事業、設備工事業、内装工事業、土木工事業、工務店が抱える人事問題の解決を支援します。質問やご相談はお気軽に下記へお問合せください。

お問合せはこちら

0120-370-772

Page Top